fc2ブログ
バッテリー
2007 / 03 / 18 ( Sun ) 17:47:39
息子に引っ張られて映画「バッテリー」を観て来ました。もちろん家計費で。 美しいですねー。主役の新人、林遣都クン。名前、読めませんが。 大画面のアップに耐える眼力。あえかに眉を寄せてなお涼しいその双眸。白皙の美少年ですわ。 いつ折れるか分からない、若木のツッパリ。その風情やよし。 息子とはゼンッゼン違う観点で堪能した映画でした。 追記:林遣都の読みは「はやしけんと」だそうです。
スポンサーサイト




映画 TB:0 CM:4 admin page top↑
<<二分の一成人式 2 * HOME * 千葉真知子「食べるクラシック」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

おお、さっそく観られましたか。
映画を観てないのですが、原作はけっこう衝撃でした。
巧がなんとも痛ましい。
いろいろな立場の大人達が、それぞれよかれと思って示す方向は
正しいのかどうか。そんなことは誰にもわかりませんよね。
by: randoku * 2007/03/18 19:24 * URL [ *編集] * page top↑
 

おお。randokuさん、原作お読みでしたか。
巧が痛ましい目にあうのを読むのはつらそうですね。。。。
私は原作を読んでいなかったので、読もうかどうしようか悩んでいます。
by: わくわくふわく改めわくわくももこ * 2007/03/18 20:51 * URL [ *編集] * page top↑
 

ぜひ読んで欲しいです。
子育て真っ最中のわくわくももこさんに、ひとりものの私が
母親について語るのもなんですが、巧の母に妙に感情移入して
しまいました。
もっと自分が若ければ、巧の母のことをうっとうしい大人と
感じたかもしれません。けれど、父との距離が埋まらなかった
少女時代や非凡なわが子との新たな距離に悩む彼女の心情を思うと
さぞしんどいのではないだろうかと。
by: randoku * 2007/03/19 22:11 * URL [ *編集] * page top↑
 

はは。ラストイニングまで読み通せたら、感想をupしますね。
by: わくわくももこ * 2007/03/20 00:50 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shishono.blog92.fc2.com/tb.php/941-e7790f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *