fc2ブログ
斎藤美奈子「たまには、時事ネタ」
2007 / 03 / 10 ( Sat ) 17:11:33
たまには、時事ネタ
斎藤 美奈子 / 中央公論新社 (2007/01/06) もうちょっと早く読んでおけばよかったです。 特に「謝罪が奏功するための三つの条件」の章を。
謝罪とひと口にいうが、これには三つくらいの要素がありそうだ。 ①言葉での表現(自らの非を認め、非にいたった原因を報告し、過ちをくりかえさぬための反省と対策を述べる) ②金銭的な補償(慰謝料、損害賠償などの形で十分な被害の補填をする) ③社会的な制裁(責任をとって職を辞す、予定の行為を中止するなど) ことと次第にもよるけれど、三つの責任をすべて果して、はじめて「謝罪」は成立するってことですね。
これを早く読んでいれば、何度もすみませんと言われたこと、何人もの人からもすみませんと言われたこと、業者の規模が存外小さくこの仕事でしくじれば会社の存続も危ういかもしれない。・・・なんてことを考えて迷うことはなかったに。 著者は「謝り方が下手だと許し方も下手になる」と危惧していましたが、そしてそれはその通りだと思いますが、私は「謝り方が下手だと、正しく怒るのが難しくなる」と思います。
スポンサーサイト




読書(社会科学) TB:0 CM:0 admin page top↑
<<久保輝巳「読書会の周辺」 * HOME * 水野スミレ「専業主婦になりたい」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://shishono.blog92.fc2.com/tb.php/931-248b342c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *