fc2ブログ
♯1:のだめとは何か
2006 / 11 / 22 ( Wed ) 00:18:18
のだめが野溜に通じることに、どれだけの人が気づくでしょう? 著者は(そして講談社は)もちろん、わかっててネーミングしたんだよね?? のだめカンタービレ(1)
二ノ宮知子 / 講談社 タイトルが「のだめ」では尋常ならざる展開を期待せざるを得ません。 はたして、クラシックといえば変奏曲しか思い浮かばない自分にとって、「のだめ」ワールドは十分過ぎるほど非尋常でした。 何が尋常でないかって、なんといっても主役の造型の型破り加減です。 野田恵はひたすら欲望(食欲・ピアノ欲・千秋への情欲)に忠実に生きるという、今だかつてないヒロイン。 のだめ(野田恵短縮形)の辞書には「清潔」や「整理整頓」という文字がありません。 ヒーロー千秋真一の辞書には「貧乏」と「謙譲」がありません。が、彼は努力を惜しまぬコツコツ型で、(その楽の音が美しければ)他人の才能の前にも素直に頭を垂れます。 つまり「オレ様」男でありながら、音楽の下僕であるというアンビバレンスな存在。目を離せない主人公です。 巻が進むほどに、二人が二人とも、互いの存在を愛しているのか互いの音楽を愛しているのか分からない状態になっていきます。 その人間的魅力と音楽性の分かちがたさを楽しんでいくのが「のだめカンタービレ」というドラマを読む醍醐味ではないかと思います。
スポンサーサイト




読書(コミック) TB:1 CM:2 admin page top↑
<<♯3:のだめ序曲 * HOME * ♯0:のだめ入手!>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

う、うわぁ、「変奏曲」ってもしかしてあれのことかなあと思って恐る恐るリンクを辿れば、あらまあやはり竹宮恵子でしたかぁ!
一時夢中で読みまして、今でも多分読み返せばうっとりだと思うのですが、あれを持ってる友人は300キロほど離れたところにおりますので、うう、残念っ。漫画喫茶行けばあるかなあ・・・読みたいぃぃぃっ!
はっ、すみません、「のだめ」がテーマなんですよねこの記事は。野田っていうのはワタクシの旧姓でございまして、しかも恵さんと同じ「整理整頓」知らずの馬鹿者でありますので、読んでしまうとかなり「痛っ」となりそうな予感がいたしまして、未読でございます。
by: ぴか * 2006/11/23 00:38 * URL [ *編集] * page top↑
 

痛くないよ。絶対です。
のだめ部屋の無秩序ぶりは、ウォルフガンク・リヒターにうっとりするような精神構造を持った人には想像もできない規模です。
こんな部屋でも生きていて、自分以外の人間をそこに入れることができるんだ。私なんかまだまだまだまだまだまだまだまだだ。
という驚きと慰謝が得られるかもしれません。
なお、オルフェウスの窓は「革命もの」に分類しているのでここでは触れませんでした。
by: わくわくふわく * 2006/11/23 08:11 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shishono.blog92.fc2.com/tb.php/785-2bd88691
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
のだめカンタービレ
のだめカンタービレ ドラマ cd 画像 アニメ 視聴率 フジテレビ ベスト100 あらすじ 漫画 曲 壁紙 玉木宏 松本人志 小説 音楽 サーチ コミック 千秋 感想 楽譜 ネタバレ 上野樹里 衣装 動画 マンガ 二次創作 エンディング youtube サントラ 主題歌 今、話題のキーワード【2006/11/22 05:21】
* HOME *