fc2ブログ
栞子さんの本棚/三上延解説
2013 / 07 / 09 ( Tue ) 23:13:33
梶山季之に関する解説に『1962年「黒の試走車」を上梓し、その後ベストセラーを続々刊行』とありました。
続々刊行したものが続々ベストセラーになることはあるでしょうが、ベストセラーを続々刊行するのは不可能でしょう。

太宰治に関する解説に『1948年に山崎富栄と共に玉川上水で入水自殺を完遂させた』とありました。
男と女が一緒に死ぬのは自殺じゃなくて心中。自殺も心中も、完遂させるような営為でないのは明らかです。

個々の作者に対する解説を書いているのは、角川書店編集部員なのかな。著者解説で悲しくなるアンソロジーです。


発売前の予約だけでベストセラーになるのが分かっている現代の村上春樹なら、ベストセラーを続々刊行することが可能かもしれません。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト



テーマ:文学・小説 - ジャンル:小説・文学


読書(小説・詩歌) TB:1 CM:1 admin page top↑
<<神聖冒涜 * HOME * 映画「ここに泉あり」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
 

トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
by: 藍色 * 2015/06/12 13:46 * URL [ *編集] * page top↑
trackback
trackback URL
http://shishono.blog92.fc2.com/tb.php/3568-6c4c36e7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
「栞子さんの本棚 ビブリア古書堂セレクトブック」三上延
「ビブリア古書堂の事件手帖」シリーズ(アスキー・メディアワークス刊)のオフィシャルブック。作品中で紹介されている12本の古今東西の名作タイトル(長編は一部、短編は全篇)を収録。「ビブリア古書堂」店主・栞子さんが触れている世界を体感できる、ビブリアファン必携の1冊。今では手に入りにくい作品や、冒頭を読んでみたいという欲張りな方にオススメです。巻末には、三上延氏の書き下ろしエッセイを掲載。 ... 粋な提案【2015/06/12 13:41】
* HOME *