fc2ブログ
ぼくはものぐさバードウォッチャー / サイモン・バーンズ著 ; 鳥見真生訳.
2008 / 11 / 03 ( Mon ) 23:07:09
どこに出かけずとも居ながらにして私たちは鳥を見ることができる・・・・と多くの人が知っています。理屈的には。

ぼくはものぐさバードウォッチャー (柏艪舎文芸シリーズ)
柏艪舎, 2008

著者は理屈でなく経験から、いながらバードウォッチングの極意を語ります。
日本にもこういう人がいて、こんな案内書(ただしカラー挿絵つき)を書いてくれたらいいのに。
と思いましたね。

それと、バードウォッチングにバードリスニングが加われば楽しさ倍増とか。
私は人の顔が覚えられないくせに、「この声はあの人」というのが比較的覚えやすいので、鳥の声が覚えられたらどんなにいいだろうと思います。

今夜は「鳥のなき声ずかん (みるずかん・かんじるずかん―金の本)」のリクエストカードを書いて、おやすみなさい。

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト



テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


読書(自然科学) TB:0 CM:0 admin page top↑
<<カラヤンとともに生きた日々 : エリエッテ・フォン・カラヤン回想記 / エリエッテ・フォン・カラヤン著 ; 松田暁子訳 * HOME * 修学旅行「歌のしおり」>>
コメントの投稿 














管理者にだけ表示を許可する

 

*Comment  Thank you*
comment
trackback
trackback URL
http://shishono.blog92.fc2.com/tb.php/230-813e1348
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
* HOME *