fc2ブログ
背表紙は歌う/大崎 梢
2010 / 11 / 10 ( Wed ) 00:00:00
一見深い謎に見えても、偶然や登場人物の単純さに助けられて、解決は速いです。新幹線で答地点に乗りつけるみたいに速い。

でも自分、事件が本屋や出版社で起こる限り、この著者の新作が出るたびに読んでしまうでしょう。これからもずっと。
 


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト



テーマ:小説 - ジャンル:小説・文学


読書(小説・詩歌) TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *