fc2ブログ
COOLBIZ クールビズ のち HAGEBIZ ハゲビズ
2010 / 07 / 15 ( Thu ) 22:42:42
エルサスパス二番手私ははげが出来ました。一般にいう円形脱毛症、母によれば銭ハゲ。
今のところ1円ハゲが一つです。よく見ないと見つかりません。
夫に
「見て見て! あたしハゲが出来たんだよ」
と訴え出ると
「あ?見えないからいいんじゃないか」
という答え。

ち。少しは妻を大事にしようという気を起こして欲しかった。
でも自分も同じように思っていたので反論はしないのでした。

これでハゲが目立ってきたら、室内でかぶるおしゃれな帽子を探すか誂えることにしよう。
制服と共布のベレー帽なんかいいかも!
それで総務の干君に頼んで、はげビズの通知をに出してもらう。
『禿げている人の室内での帽子着用にご理解をお願いします』っていうメール。

家庭の悩みは職場に着けば忘れるし、職場の悩みは帰宅した途端に忘れる。通勤中は読書のち熟睡。
こんな私に特別なストレスのあろうはずがなく、抜け毛は人の迷惑になってもハゲが迷惑をかけることはないので、呑気に対処しております。


写真は在りし日のエルサスパス。

にほんブログ村 その他日記ブログへにほんブログ村 花ブログ クレマチス園芸へ
続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:美容・健康 - ジャンル:ライフ


日記 TB:0 CM:0 admin page top↑
ヤングアダルトパパ/山本 幸久
2010 / 07 / 15 ( Thu ) 21:57:08
山本 幸久
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-04-29

四半世紀ほど前に、「15歳の母」をテーマにしたドラマがはやりましたが、これは14歳の父の物語。
父になる原因行動があったのは少年が13歳の時。相手の女性が20代で、ふたりの間に暴力はなかった。つまり、これは淫行では?
少年が女性を愛しているというなら、幼い父子を捨てた女性にはかどわかしの罪があると思います。

生後5か月の赤ん坊と14歳の少年を置き去りにして出奔した女性に、憤りを覚えます。救いは少年が赤ん坊と赤ん坊を愛し育児が好きなことですが、また周囲が少年を「ふしだら」と責めないことです。
が、女は過去にも赤ん坊を男の手元に残して姿を眩ましたことのある人でした。産み捨てを繰り返していたなんて、まったく非道だと思います。
こんな女に我が子ともども見捨てられながら、まだこの女を恋しがる少年の、孤独と業が哀れです。

少年が自分のしたことをまっすぐ受け止めて、親としての義務を果たそうとするところが、いい加減な親たちへの痛烈な批判になっています。
また、十分に慈しまれることができなかった子どもが、自分よりさらにさらに弱い赤ん坊を庇護し慈しむシーンは哀切でもあります。これから困難なことにであった時、少年が運命を恨まずに進んで行くことができるのか、心配でなりません。


世間は中学生の男の子が懸命に赤ん坊の世話をすることに、少年に誠意を見出すけれど、それが少女でも同じかしら。若年で子をなすことについて、産んだ子に対して適切な世話さえできればそれでいいと見るかしら。
海のものとも山のものともどこの馬の骨ともつかぬ少年が、自分で育児をすることを何より優先するといったら「将来を棒に振るのか」という忠告がきっとどこかから出るでしょう。でももし中学生の女の子が、自分の産んだ子どもの成育を保障するために自分の将来に備えることを擲つと言ったら、「産んだからには当然だ」という声が上がりはしないかしら。
小説に書かれていたことより、書かれなかったことが気になる私です。



にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


読書(小説・詩歌) TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *