fc2ブログ
ホームレス大学生 / 田村研一著
2008 / 11 / 11 ( Tue ) 23:12:54
ホームレス中学生のお兄さんは大学生、お姉さんは高校生でした。この本は当時大学生だったお兄さんの手記です。

ホームレス大学生
-- ワニブックス, 2008.10

ホームレス中学生と読み比べると、中学生と大学生ではこれだけ物事の理解度に差があるんだなあと、発達心理学の教材を見ているような気がします。

お兄さんは弟妹を守るために必死でした。
大学生は大人だけど、非常に経験値の低い大人であり、世渡りが上手いとは言えません。
なのに「俺は長男なんだから」と無理やり頑張ります。
自分の夢の追求はあきらめて、弟を応援するために確実に稼げる仕事につくことも厭いません。
弟を支える兄であることを、自ら選び取ります。
それでも・・・・。

弟に、<また生まれ変わっても兄弟になろう。ただ、今度は俺を次男にしてくれ>と言ってしまう、年若の兄である切なさ。

長男だという思いが、弟妹のみならず自分を支えていたことに、お兄さんはもう気づいているでしょうか。頼ってくれる弟妹がいたことに感謝しているお兄さんなので、分かっているかもしれません。
弟妹は早々と立派に兄の庇護下を飛び立ちました。まだ若いこのお兄さんが、これから力強く自分の道を進んで行けますように・・・・・。


にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ
スポンサーサイト



テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌


読書(芸術・言語) TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *