fc2ブログ
レッドクリフ
2008 / 11 / 06 ( Thu ) 23:48:19
琉球朝顔?映画「レッドクリフ」を字幕版で見てきました。
敬して遠ざけていた三国志を手に取る気持ちになれたらいいな・・・・と。

戦闘シーンが苦手でなければ、面白い映画だと思います。
「一騎当千とはこのことか!」と思う将軍たちの活躍が凄い。快刀乱麻です。

白髪三千丈式の中国文学だから、実際には一騎当十くらいなのでしょうが、映画では一騎当百くらいの勢い。フィクションだからこれくらいの誇張は許されるよね?と思いました。

映画を見た翌日、三国志 第一巻 を借りてきました。
しかし、映画のpart2公開までに読めるかしら。時代劇も外国物も得意じゃないのに、7巻まであるんですよね、これ。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 本ブログへ
スポンサーサイト



テーマ:レッドクリフ - ジャンル:映画


映画 TB:0 CM:0 admin page top↑
限界集落 / 梶井照陰著 = Marginal village / Syoin Kajii
2008 / 11 / 06 ( Thu ) 07:27:50
ぼくはものぐさバードウォッチャー (柏艪舎文芸シリーズ) を読んですぐこれを読むと、人間も弱い動物なんだなと思います。

限界集落ーMarginal Village
-- フォイル, 2008

限界集落とは、「65歳以上人口比50%以上で共同体の機能維持が難しい」ところだそうですが、限界現象でもっとも早く目に付くのは農作物の鳥獣害だといいます。この本でも、猿や猪に荒らされた畑を嘆く老人の声が拾われていますが、老人の一人や二人では、四足の獣の前になす術もありません。
ヒトというのは群れて、老いも若きも揃って、社会を構成しないことには、あっけなく弱い生き物なのだと思いました。

誰でも皆年をとるのだから、共同体を維持する工夫をしなければ、いずれとんでもないことになります。
政治家には 山村環境社会学序説―現代山村の限界集落化と流域共同管理 を読んで欲しい。
私は 日本で最も美しい村 と 「村」が地域ブランドになる時代―個性を生かした10か村の取り組みから をリクエストだ!

にほんブログ村 本ブログへにほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ

テーマ:写真集 - ジャンル:本・雑誌


読書(社会科学) TB:0 CM:0 admin page top↑
* HOME *